パチスロ5.9号機の勝ち方。ハイエナ、期待値なんて関係無し!

 

2017年10月1日から始まっているパチスロの5.9号機(6号機)と呼ばれるまた新たな新基準機。

3,000枚規制や有利区間の表示等ハイエナ狙いをメインに稼働している人にとっては更に厳しい時代になったと騒がれていますが。

噂話だけを鵜呑みにしていては、折角の勝てるチャンスを逃してしまいます。

 

冒頭に5.9号機に関しての情報をすこーしだけ書いておきますが、あくまであなたに伝えたい内容の前置き程度です。

 

5.9号機の基準内容とは?

 

・3,000枚リミッター規制

・有利区間を全体ゲーム数の70%未満

・ART関連の設定差を撤廃

・役比モニターの搭載

 

有利区間と通常区間の設置

有利区間

高確中やCZ中、ARTも含まれる。

滞在はART中を含めて1,500G。

区間表示器が設定され、有利区間を視覚的に知らせる装置があり、表示方法はセグやランプ等がある。

通常区間

低確時。

有利区間以外の区間で、基本的にART抽選を行わない区間。

 

5.9号機は勝ちにくい・負けにくいのか

 

本題どぅえす!

規制内容のうち、一番気にするであろう3,000枚規制によって、青空天井の出玉感を思い浮かべるAT機のように、万枚はおろか5,000枚すら出ないだろうと思われがちですが。

規制なんてあって無いようなもの。

勝ちにくいかと言われたら、有利区間と呼ばれるランプが点いたまま放置されていたら、勉強熱心のライバルならすぐに飛びつくだろうし、その点では勝ちにくいかもしれません。

さらに天井が非搭載なことに加え、ゾーン狙いのための規定ゲーム数到達時に何らかの抽選が行われるといった仕様ではないため、ハイエナはおろか期待値を狙っての稼働も難しい台と言えそうです。

逆にGODシリーズ等の吸い込みが早いAT機より、また番長3のようなART機より、更に軍資金が少なく済み、負けにくくなっているかというと別問題です。

ですが、大切なのはタイトル通り、ハイエナでも期待値でも無いんです。

 

 

5.9号機は出玉が少ないのか

 

結論を述べます。

あなたがイメージするような、Aタイプに毛が生えたほどの出玉しか期待していないのであれば、それは間違いです。

戦国コレクション3を取り上げましたが、10,000枚以上出てます。

規制の内容から受ける出ないイメージと現実、違いますねー。

規制による景気悪い空気はどこへやら・・・(^^)

 

 

よしきち立ち回り法と呼ばれる正しい勝ち方

 

よしきちという人物をご存知ですか?

私を含め全国各地には、パチンコ・パチスロの正しい勝ち方の知識・技術をよしきち先生から伝授された受講生が多数います。

その受講生は、例外なく昨今の新基準、台規制を鵜呑みにしませんし、稼ぐことに対する足枷なんて、突っかかった木の棒にすらなっていません。

効率よくボリュームある出玉を獲る、獲れるスキルを持ち合わせています。

パチスロだけではありません。パチンコでも同じことが言えます。

 

これは、よしきち先生を筆頭に、受講生と紹介された一般の方が集まる稼働報告用グループLINEの一部です。

日々、実践内容を報告しあい個々を高め合っています。

もし気になれば、あなたも自由に参加することができます。

 

まとめ

 

正しい勝ち方を知る人間は、新基準なんてもろともせず日々ホールからお金を抜き取っています。

雑誌等の攻略記事、噂話を鵜呑みにしていては、パチンコのようなギャンブル性の強い分野において勝ち続けることはできません。

時間・お金を大切にするために、正しい知識・技術を身につける努力をすることが、あなたの人生に大切だと思います。

 

公式ライン限定情報、特典多数!

稼働報告用グループへの招待希望も

こちらから

⇩卯より公式ライン⇩

友だち追加

ランキング参加しております(^^)

気に入っていただけたらお手数ですがポチお願いいたします(^^)

ご覧いただきありがとうございます(^^)

にほんブログ村 パチンコブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です